え~③

更に昨日の続きです。


33

34
⑰「タミヤ マイティーフロッグ」
やっぱり純粋なバギーが1つ欲しいなと言う事で購入したのが
このマイティーフロッグです。XBのものでシェイクダウン時からキングピンを
紛失。横転してスポイラーが割れ、横転防止ワイヤーのカエル旗も片方
千切れました。扶桑が普段走らせている場所では性能的に少しきつく、
ギャップの衝撃でアップライトが回転してしまい、ステアリングがセンターに
戻らないというトラブルも発生。しかし1983年に発売されたRCカーとは
思えない程よく走る。こちらは復刻版です。スポイラーなどはシューグーで
補修済み。カスタムはモーターがスポチュンになっている事と、
フルベア化のみ実施しています。こちらもブログでは初登場の車です。


やっぱりフラットダートで走らせるのが一番いいと思います。因みに2WDです。
カスタムパーツも少ないのでマイティーは取りあえず今の状態を
維持ですかね~。


35

36
⑱「タミヤ ジムニーSJ30(GF-01)」
ヘビーダンプのボディーを取り払い、ウィリーのジムニーボディーを
載せた車です。このヘビーダンプは購入してから仕様がコロコロ変わり、
XBで購入 → フルベア化、ESC換装など一通りカスタム → デフガムで
デフロックしクローラー化(気に入らない) → モーター換装でハイスピード化
(気に入らない) → デフガムを撤去し、タイヤ等を変えてスケール化
(気にいらない) →デフギア挟み込みで再びデフロック化し、ジムニーボディー
に換装(気に入った)・・・という現在の状況です。仕様変わりすぎですね。



ホイールベースが短いんでクローリングは激ムズですが、走らせてみると
これが意外に面白い。この動画の後に一回RC4WD製のホイールとタイヤに
換装したものの、やっぱりこっちがいいやと現在はビックタイヤに戻ってます。


37

38
⑲「タミヤ GOPROスイフト(M-05)」
近所に広いアスファルトの場所が無い事から、作ったはいいものの、
後に購入したオフ車にメカを取られ、暫くメカレス状態で放置されていた
車。最近メカを復活させ、足回りの加工を施して車高を上げ、フラットダートを
疾走できる車になりました。かつての大事故でボディーが
割れてしまっているので、近々軽トラボディーに換装予定です。


次に載せるSX4の方が「よく走るだろう」と期待していたんですが、むしろこちらの
M-05の方が安定して走っていた。現在同じスイフトのスペアボディーと
軽トラボディーがあるんですがFFの軽トラも怖いのでどうしようかな~と
考えてます。


39

40
⑳「タミヤ SX4 WRC(TT-02)」
7年前位に会社の同僚に誘われ、高校以来久しぶりにラジコンを
再開した時に購入した第一号車がTT-01の「SX4 WRC」でした。

しかし一年程やって再びラジコン趣味から離れてしまい、モスポールと
なったので、一応再開した時に新しいボディーで楽しめる様、
XBのスペアボディーを購入して一緒に保管していました。
当時購入したTT-01は別のボディーが載せられてお気に入りに
なってしまったので、このSX4を復活させようとTT-02を購入して
載せたものがこの車です。TT-02はランチアデルタを購入しています。



設定がまずいのか、走らせている路面が合わないのか安定して走らず、
かなりオーバーステア傾向が強い。一応最近車高を上げるカスタムを
施してあります。丁度今年の新年に変わる瞬間はこれを作っている最中でした。


41

42
㉑「タミヤ ハイエース(TT-01)」
これが7年前に会社の同僚に誘われた際に購入した元SX4だった
TT-01です。3年前程にラジコン趣味が復活した際はSX4と新たに購入した
ブルヘッドの2台だけだったんですが、TT-01はボディーを載せ換えられ
ハイエースとブルヘッドになりました。ちょっとこれはSX4に戻す気に
ならなかったんだよね。かっこよすぎて(笑)。


うちにある車で唯一のオンロード車です。ステッカーを福祉施設仕様に
してあります(笑)。


・・・と言う事で、この3年間で2台が21台になり、4か月ブログをサボって
それぞれのラジコンをカスタムしまくっていたという状況です。

最近仕事が忙しく、お疲れ気味で日本語がおかしい所があるかもしれませんが
ご容赦を(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

え~②

昨日は仕事で疲れて寝やがりました扶桑です(笑)。
本日は前回の続きです。


17

18_2
⑨「タミヤ キングイエロー(G6-01)」
最近発売されたGF-01シャシーベースの6輪駆動車で、現在「コングヘッド」、
「キングイエロー」、足回りに変更を加えた「ダイナヘッド」などが販売されている。
そのうち、ベースがスクールバスのこちらを選びました。この車は以前
ブログに載せてますね。タイヤをビックタイヤからクローラー用の108mm
タイヤに変更し、モーターを低速の60Tへ変更。ダンパーをCC-01用
ダンパーへ変更。ライトユニットはうちの車に結構取り付けていますが、
うちの車で唯一リレーユニットが入っている車でルーフの停止警告灯が
交互点灯したり、ルーフ上のフラッシュライトがフラッシュするように
改造してあります。元々ビックタイヤで疾走するスピード系ラジコンですが、
クローラー設定を施すと結構強力なクローラーになります。


画像では60Tに変える前の80Tモーターで走っています。現在はもう少し
速くなっています。モーターは基本的にターン数が多い程低回転になります。



19

20
⑩「タミヤ マンタレイ」
本来はスピード系バギーのマンタレイを前後デフロックにし、モーターを
48Tへ交換。タイヤをCR-01用タイヤに交換してクローラーに仕立てた
謎車(笑)。バギーでもクローリング出来るか実験してやろうという事で
セッティングしてみました。しかしギア比が元々高回転型でトルクが細く
あまり走りませんでした。もし今後気に入らなければセッティングを変えて
いつでも元のスピードバギーに戻す事が出来る様になっています。



写真を見ると解ると思うんですが、腹下のランプブレークやアプローチ、
デパーチャとも意外と大きな角度の取れる車でタイヤさえデカくできれば
結構いいクローラーになるんですよね。問題はギア比です。


21

22
⑪「タミヤ メルセデスベンツ ウニモグ425」
うちのCC-01シャシー4兄弟の長男で、足回り等カスタムパーツが
てんこ盛りになっている。サーボも4兄弟でも最も強力なフタバ18kgを採用。
P601と作業車部隊を形成する為にP601に付いていける走破性を
持ったCC-01です。


ノーマルと比べると既に別物。


23

24
⑫「タミヤ メルセデスベンツ ウニモグ406」
元々CC-01のFJクルーザーだった次男です。購入して作ったものの
あまり気に入らず、ウニモグがいいやと406ボディーを購入して製作し
ホイールベースをショート化したもの。ボディー及びアクセサリ以外の
カスタム内容は425と同一で、強力な走破性を持っている。


扶桑はやっぱり「はたらくくるま」が一番好きです。スポーツカーはあまり
性に合わない感じです。


25
⑬「タミヤ サンドシェイカー(アマロックボディー)TT-02T」
ツーリングカーシャシーベースのライトトラック、「サンドシェイカー」の
ボディーを撤去してCC用のアマロックボティーを架装し、タイヤを96mmMT
に変更した一見CCに見える超速マシン。CRチューン35Tモーターを
搭載しているにも関わらず、速くて制御不能だったりします(笑)。
元々メカレス状態で中古で購入した車です。


実はもっと早くしようと思えば出来るんですが、タイヤが持ちそうにないので
35Tに抑えてます。一度スポチュンに変えたら遠心力でタイヤが縦に伸びて
恐ろしい状態に。


27

28
⑭「タミヤ ブラックフット2016」
昔ワイルドミニ四駆で作ったブラックフットが懐かしくて購入した車で、
ノーマルから電飾カスタムしたものの完全に失敗作でボディーを
購入し直そうと思っています。ノーマルにヘッドライトとテールライトの
施工だけやっておけば良かった。・・・今思ったけど余ったFJボディー載せたり
したらどうかな・・。


ボディーを買いなおすか、載せ換えるか考えたいと思います。


29

30
⑮「タミヤ メルセデスベンツ G320カブリオ(MF-01X)」
うちで唯一のMF-01Xシャシー車のG320。元々小型ツーリングカー用の
4WDシャシーでオンロードからダートまでこなせるシャシーではあるものの
クロカンやクローラーが出来るシャシーではないんですが、強引に
94mmロックブロックを履ける様に改造してクローラー化された
かわいそうな車です。四輪ともフルロックし、モーターは100Tです。
電飾を追加したり、バッテリーの搭載位置を変更するなど
向いてないのに改造され今では意外に走る車になっています。ランプブレークが
あまり取れませんが、シャシーが細いのでV字谷の様な場所はCCと変わらない
走破性があったり。

2002101431
このハイリフトジャッキの付け方、かつての扶桑号と同じだったので
懐かしく感じましたね。また四駆乗りてえ~。


実はデフギアを挟み込んでデフロックする方法を知らなかった時にデフガムを
用いて改造したので、フロントはデフロックと言うより強LSD状態です。
元々XBとして購入した車ですが、最近電飾改造を施してリアにクロカンアクセサリ
を追加しました。


31

32
⑯「タミヤ ランチボックス」
最近タイヤとゴールドホイールを新調して履き替えたものの、履き替え後は
まだ一度も走らせに行っていないランチボさん。2WDのビックタイヤマシンです。
このGF系のビックタイヤ用ホイールは強度が弱いので割れないか心配
なんですよね~。ダメだったら純正に戻す予定。こちらも電飾改造を施して
あります。



ランチボックスも近々テストに行かねば・・。扶桑にしては珍しく
スーパーストックBZモーターを採用してハイスピード仕様になっています。


・・・つ、疲れた・・続きは後日で・・。
北海道胆振地方で6弱の地震があったようですね。
心配です。ちょっと色々情報を調べてみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«え~