アメフラシ

扶桑です。



今日は凄い雨でしたね・・・。「アメフラシの歌」でものんびり聴きたい所ですが、
あまりの豪雨に会社の近くの河川が流木を含んだ濁流に・・・。
そういえば劇中で国3つを滅ぼしたとか・・。


Humans Beingの方がぴったりな状況だ。


え~2回前位の書き込みからでしょうか、注文していた
「とあるもの」が本日到着しました。


1_2
「ソード・ザ・エクスキャリバー」
です。スペイン、DENIX社の美術西洋刀剣の一つで、この間ネットで見て
一目惚れしました。イギリスのアーサー王伝説に登場する
聖剣エクスカリバーですね。なんとなく伝説自体は聞いた事があったんですが、
あの「この岩に突き刺さっている剣を抜く事が出来た奴が次の王だ」という
物語です。5~6世紀頃の話らしく、他の人間が抜く事が出来なかった剣を
たった15歳のアーサーがあっさり引き抜いて王に即位したというもの。


2
湖にいる妖精の乙女から授かり、戦っても全く刃こぼれしなかったと
言われつつも一旦折れるらしいんですが、2本目を
授かった際は鞘に治癒の魔力が掛けてあったという。アーサーが最後
死ぬ時に部下に命じて湖に投げ入れさせ、妖精にご返却した
いわれている。
このエクスカリバーは1981年のイギリス映画「エクスカリバー」に登場した
ものをモチーフにしたものらしい。


3_2
扶桑は何を隠そう鉄砲屋なので(隠してたか?(笑))、刀剣に
興味はある物の各部のパーツ名称などは殆ど解らない・・・。
結構重量があって2.2kg位あります。手に取ると長さもありずっしりくる感じ。


5
模擬刀関連は現在、日本陸軍の軍刀がありますが、前から西洋刀剣も
欲しいと思っていたんですよね。因みに模擬刀剣なんで刃はありません。
しかし、エクスキャリバーは鞘から剣を抜くと

シューーシャリーン

と響く音はヤバい位カッコいいです。

偽物ですからエクスカリパー?

よく解りませんが、安価な割には良く出来てますね~。
ブレード長だけで86cm、全体で111cmあります。


4
西洋の剣は盾を左側に持つ為か、柄?グリップ?が
短く片手剣なんですよね。

エクスカリバーと言ったらRPG等によく登場しますね。扶桑はRPGの
世界観自体は好きなんですが、
ゲームではフラグを立てずに先にどんどん進んでいってしまうアホさ加減で、
向いていないので普段はあまりやってないね・・・。
過去にFF4とFF7、DQ4だけクリアした事がある位。

扶桑の魂のRPGは「メタルマックス」&「メタルサーガ」でした(笑)。
メタルサーガでは仲間になる筈の「犬」に気が付かず、ラスボスの塔まで
行ける様になってから気が付いて仲間にしましたからね(大笑)。
「あれ?パッケージ絵で犬仲間になってるよな・・・・どこで?・・」
と思いつつもそのまま進み続けました。他のキャラはLV86なのに

犬はLV1(笑)


という状態に。ルーキーに一発でも敵弾が当たったら即死です。



エクスキャリバーを手に取っていると「March of the Templars」が聴きたくなるぜ~。


デニックス製の質感等が今回の購入で解った事や、最近マスケット銃などの
古式銃にも興味が沸いてきたので、来月あたりマスケット購入しようかな。
マスケット系はエアガンでは殆どモデルアップされておらず、
KTWから種子島(火縄銃:マッチロック)とフリントロックピストルが
出ている位だしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よろしくない。

扶桑です。


先程九州と四国の間、豊後水道において震度5強を観測した地震が
発生した様です。津波の心配は無いとの事ですが、この震源である
豊後水道からその南の日向灘にかけての地域で起こる大きな地震は
過去の調査から南海地震の前触れとして起きているケースが多いと
言われている。あまりよろしくない地域の地震とも言えます。

扶桑は地震が○○日に来るとか言っている未来人がうんたらとか、
占い師がどうたらなど全く信じませんが、
日本の大断層系である中央構造線にも近く、歴史的にそうなった事が
多いのは事実で気を引き締めておく必要がありますね。
特に九州から東海地方にかけての南部にお住まいの方は
頭の片隅に「もしかしたら」を置いておく方がいいかもしれない。

津波は一般的に深度5000mあたりでは時速700km、震度500mで
250km、地上に押し寄せる時は時速36~38kmのスピードで
襲い掛かってくる。陸上で津波を目視して反対方向に逃げても

間に合わない

高い所に避難すべし。地震後の津波であれば建物の損壊も考えられるため、
素早く判断し、安全そうな建物や山などへ。余震で崩れそうな
半壊したビルなどには登らない様に。

防災士扶桑からのお願いでございます(笑)。


1
え~本日知り合いの会社の人から消防設備点検の応援を
頼まれていまして、この現場が早く終わり、ある場所のすぐ近くだったので
帰りに寄り道を(笑)。ここは陸上自衛隊朝霞駐屯地にある

陸上自衛隊広報センター

です。ええ、サボりじゃないですよ。

仕事に使いやすい車の展示場

を覗きに来たんです。なに?消防設備点検に関係ない?

破壊消火って知ってる?(笑)。

ここ江戸にあるし。

まあ、それはさておき、陸上自衛隊の最新鋭戦車である10式戦車です。
5年ほど前にここに訪れた際はまだここに10式は無かったんですが、
10式が展示されたと耳にしていたので眺めてきました。
本日は朝早かったので頭痛気味で日本製鋼所の120m滑空がどうのとか
FCSがどうのとか、モジュラー装甲が云々とかうんちくは述べませんが、
良く走り、良く曲がり、暴れすぎると履帯が外れる戦車(笑)です。
スラローム走行しながら砲撃して敵戦車を撃破できる程優秀な
射撃システムを持つ。



このコンパクトなのに重武装という技術が日本らしいよな。




本日は「The Warrior Song」を聴きながら、


3
部屋で銃の清掃と調整を行っていました。

一番上が・・・・眠い・・今日はうんちくなしとする(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«マスケット